Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    あたしにとってのカナダ…多分その2

    (4月半ばなのに雪が降ったバンフ。雪が積もっています。
    顔は分からぬ程度にぼかしてみました。あんまりぼかすとお化けみたいになるしー。)


    〜続き〜

    で、実際に行ってみたらまずダ〜が気に入ったんですね。
    まぁ大きい北海道みたいな感じですしね。自然豊かだし、
    なんだろう…綺麗なんですよね。日本の観光地みたいにゴミとか
    落ちていないし。あと田舎なのに日本の田舎のような…
    寂れた…侘びしい…貧しい感がない。
    あたしは元々Nature好きではないので、田舎ってキラ〜イ!
    って感じだったのですが、カナダの田舎はあたしの嫌いな
    あの…寂れた感がないと言いますか…なんだろう…やっぱり
    ダ〜曰く建物がでかくて、しっかりしていてるせいじゃないかって
    言うんですが、イヤな感じはしなかったし、
    とにかく初めて自然って美しいんだと
    本当に生まれて初めて思いました。

    バーミリオンレイク
    (美しいと思った自然)

    あと人が親切だなぁと思って。
    まぁ…これは東京近況だけかもしれないけど
    すごくね…イヤになること多いんですわ、
    日々通勤していますと。
    心がささくれてくるっていうか。

    カナダも中国系の人はそれこそ無愛想だし、割り込みするし
    ムッカムカするけど、いわゆる白人の人達ってなんか
    みんな笑顔だし、挨拶とかしてくれるし、道を聞いても
    恐縮するくらい親切だし。そこは感激しました。
    で、そういうのって良いなぁっておもって。
    日本も昔はそれこそもう少しコミュニケーションあったというか
    あたしが小さい頃はね、ご近所つきあいとかそういうのあったけど、
    なんだろう…日本人の場合、それがtoo muchというか
    詮索好きって言うか心配とかしてるっていうよりお節介で
    妙に人の生活に入ってくる感があって、それがすごいイヤだったんだけど
    (近所のおばさんの井戸端会議とかも他人のうわさ話とかそういうのでしょ?)
    またこれもあくまでもあたしの主観なのですが
    多分カナダの場合、みんな違うことが当たり前だからそれに関して
    必要以上な詮索はしないっていうか…心配はするけど、ある程度の
    距離を保つって言う感じが良いなと思うんですね。
    日本はみんな同じじゃなきゃいけないみたいなワケの分かんない
    一体感とかコミュニティにあって、そこからはずれるとそれこそ
    仲間はずれみたいなね。そういうのうざいなーって思って。
    そりゃあの騒音オバサンみたいな迷惑をかける人はもちろんダメだけど
    人それぞれって言うのがあんまりね、通用しないところがあるでしょ?

    それにまぁアジア系移民が多いせいか、有色人種であることに
    そんなに差別感を感じないというか…そこが英国にはないもの
    じゃないかな…移民の国だしね…と思ったんですよね。
    Posted by Kelly
    Category : Canada
    16:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
    0
      あたしにとってのカナダ…多分その1
      Banff Springs Hotelの部屋から
      The Fairmont Banff Springs Hotelの部屋の窓からの景色)

      まぁ前にストックしていた文を少し書き換えて
      ここしばらく日常から遠ざかりたいので妄想しながら
      あたしにとってのカナダを語ろうかと思います。

      前から言っていることなんですが、あたしは本当は英国が好きなんですよ。
      えぇ曇りがちな気候とか、建物とか食べ物とかもなんだかフィットする?
      つーか落ち着くわけであります。

      でも英国って多分やっぱり英国至上主義?だから外国人には冷たい
      とくに有色人種には冷たいと思うんです。
      その辺は京都っぽいと思います。
      観光客には親切だけど、いざ住んでみると「いけずやわぁ」って感じでしょうか?
      いやいやこれはあたしの主観なので実際は分かりませんけどね。

      なので、英国に住むって言うのは厳しいだろうなぁというのはありました。

      カナダに関しては元々はそんなに思い入れはなかったんですね。
      寒いんだろうなぁとか自然がありそうだなぁとか
      そう言った漠然とした印象しかなかったし。
      友達が父親の転勤でカナダに行ったときにも
      いつでも遊びに行けたのに結局行かなかったし。

      んで、新婚旅行に行こうかって言うときにも本当は英国に行きたかった
      ワケですよ。しっかしその前の冬のボーナスを前年度より-10万も
      下げやがったので、予算が激減!おまけにダ〜は自然の多いところが
      良いという。それで自然があって、英国的な国で割と安いって言う
      理由でカナダになったわけです。

      The Fairmont Banff Springs Hotel
      Posted by Kelly
      Category : Canada
      15:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
      0
        今頃なのですが…
        マロンの動画を作った勢いでカナダで撮った映像も取り込んで
        多少入らないトコをカットしてmovieファイルにしてみました。
        音を外した方がデータが軽くなるので音を取っちゃった。



        North VancouverからCanada Placeまで出ている船に
        乗ったときの映像です。地図の赤いラインを往復しています。



        powered by 地図Z



        もっとねー夕方から夜にかけての空が綺麗だったんだけど
        オレンジの色があまり強く出てないのね。
        そこが肉眼と違うところよね。

        LookoutやLions gate bridgeなんかが見えます。
        まぁ行ったことある方は懐かしいなーって感じで
        行ったことない方はこんなところかーって感じで
        見てくださいね。

        あ、この地図の左端にあるBurrard St
        に架かっている橋があたしのサイトの一番上の画像です。
        こういう場所にあります。
        Posted by Kelly
        Category : Canada
        11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        0
          自分に買ってきたもの
          旅行記が停滞しちゃっていますので(画像よりビデオの方が多くて
          いい場面をビデオから抽出しようと思いつつやっていないので)
          またお土産シリーズです。ドル換算は大体1C$=107円位?
          現金を両替する場合は115円とかだったかなぁ?
          現地ではもっと安かったです。あれーいくらだったかな?
          明細出てきたらご報告します。

          自分へのお土産はなんといってもドラッグストアが多いです。
          前にLondon Drugsのおねーちゃんが何探してるの?っていうんで
          コンシーラーって言ったらあたしに合うコンシーラーをずっと
          さがしてくれてそれで買ったのがかなり良かったので今回も
          それを探しに行きました。

          …が、ないっ!品番というか色の名前も同じのがないので断念…。
          で、買ったのはリキッドファンデ。なんか16時間崩れないとかしわに
          溜まらない?とかとにかく良いことばかり書いてあったのでこれにしてみた。



          17.99C$です。GSTもPSTも別途つきます。
          これがけっこう良いです。同じ商品日本にあるのかな?まぁ色はないよね。
          けっこう海外の方がファンデの色はバリエーション多くて良いっす。

          あといつも使ってるカラーリング。この色が好き。グアムでも同じのを
          買ったけどパッケージが違う。カナダはフランス語と表記するせいかも。
          でもこのモデルのおねーちゃんも違うのです。あたしはグアム(というか
          USA版)のモデルのおねーちゃんの方が好きかも。




          こっちがUSA版のパッケージのおねーちゃん

          2箱ですが、実際は3箱買ってホテルで2箱に詰め替えています。
          1箱10.99C$です。GSTもPSTも別途つきます。

          あとはちょうどMarket Placeというスーパーがホテルのそばだったので
          そこでちょっとしたものを…。



          これはハチミツ。カナダのものなら純正だろうし、その割に安いので。
          値段は5.29C$。食品なので税金はかかりません。
          まだメープルシロップがあるので試していません。



          これもまだ飲んでいませんが、アールグレイが好きなんですよー。
          ベルガモットの香り大好き♪decafなので購入。
          decafの(カフェイン抜き)の紅茶って日本でありますかねー?
          あたし見たことないんですけども。
          妊婦になった時用(苦笑)に買ってみた。
          あとマンゴーとパッションフルーツのハーブティです。
          どっちも3.99C$で、税金はかかっていません。

          こんな感じです。
          Posted by Kelly
          Category : Canada
          13:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
          0
            カナダサイズの男
            マロンとお留守番の旦那にもお土産を買いました。
            それはもちろん「ザ・衣料品」(なぜ「ザ」付き?)
            彼はデカイので日本よりカナダのものの方があうからなのです。
            前にシアーズの地下で見ていたら閉店時間になってしまい
            購入できなかったのでリベンジとばかりに見てきました。

            でも…ちゃんとしたサイズとか分かんない(笑)。日本ではLLでも
            肩幅と腕が長くてダメな場合が多い。もう普段見てる洋服の大きさの
            感じで買いました。

            選んだのはXL/TGサイズ。TGって何?トールって事?
            とにかく見た感じこの大きさだなーって思った。
            母親も最初大きいんじゃない?って言うんだけど、
            S/M/Lと置いてあったのを順番に見ながらやっぱりこの大きさ
            だってことになりました。それ以上大きいのはあとワンサイズだったよ。



            35C$が40%オフで21C$。それにGSTが6%の1.26C$とPST7%の1.47C$がついて
            23.73C$でございます。



            インド製か…うーむ…。

            あとルーツの商品券ももらったのでとりあえずTシャツも。



            これは23.95C$。それにGSTが6%の1.44C$とPST7%の1.68C$がついて
            27.07C$。そこから商品券分-20C$引いて7.07C$でございます。
            え?両方とも安すぎ??


            これもXL/TG。

            帰って着せてみたところ、肩も腕もちょうど良かったです。
            いつもなかなか合う服がないのに、あーあなたはまさにカナディアンサイズ
            なのねぇ…と実感したのでありました。
            Posted by Kelly
            Category : Canada
            12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
            0
              パークロイヤルのホームデポ
              次のパークロイヤルへはライオンズゲートブリッジを越えていくのですが
              このライオンズゲートブリッジ…強度?というか年数的になんかまずいらしく
              いつ落ちてもおかしくないとか言われてるそうで正直…大丈夫かなぁ?と思った。
              なので母親には内緒にして通りました(笑)。
              ま、大丈夫なのでこうやって書いてるんですが。

              ここへはホームデポが第一の目的でした。
              でもねー広くて歩いてるだけで疲れて(その前のスタンレーパークでも
              歩いたもんで)ホームデポまで来た時点でバテバテ。

              今回も(いつも海外に行くたびに探してるんだけど)ピクチャーライトを
              探しに来たのだけどやっぱりないですね〜。でも色々照明があったので
              写真撮ってきました。





              この黒いシャンデリアなんて素敵だす。いくらだったか忘れたけど
              多分…200〜300ドルくらいだったかな?





              あとこのモールにあったペットショップでマロンのためにガムを買いました。
              画像も撮ったんだけどぼけていたのでネットで検索したのを…



              これでーす。マロンが…スーツケースを開けた瞬間に反応して
              えらく気に入ってしまい、それならと今度探して買おうと袋を取っておいたら
              その袋をおいてあるあたしの部屋に何度も探しに来るので昨日ネットで買いました。
              今まではグリニーズだったんだけど。ま、箱飼いなのでカナダで買うより安くすんで
              良かった。


              続きはまた今度(ここで疲れたので一時中断)
              Posted by Kelly
              Category : Canada
              19:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
              0
                スタンレーパーク
                その後はスタンレーパークへ。母親用にいちおう観光っぽいのだ。
                バスを待っていたら雨が降ってきた。まずい!朝晴れていたし、
                天気予報でも晴れだと言っていたので折りたたみ傘持ってこなかったよ。
                バスに乗るとどんどん雨が激しくなってきた。げっげげ〜

                でも公園に着いた頃には雨がやんでいた。しかしここからが失敗。
                普通…日本なんかだと公園に案内板がたくさんあるじゃない?
                バス停にある案内板をよく見ないで人の流れにくっついていってしまったら
                公園内を1周する馬車ツアーの乗り口が分からなくなってしまったのだ。
                公園はとてつもなく広いので(日比谷公園の25倍だそう)ちょっとそこまで
                行って見てくるなんて事は出来ない。とりあえず海の方まで出たけど
                それらしいものは何もない。仕方ないので赤ちゃんを連れた女性2人組に
                聞いてみるとバスを降りて逆の方へ来てしまったらしい…ひぃ〜
                「もう公園の半分は歩いたようなものよ」なんてギャグを言われてしまった。
                でもこの女性すごーーーく良い人でちょうどその馬車が来たので
                「ここから乗れるか聞いてあげるわ」と言って馬車に向かって走って
                くれたのだ。でもガイドのおばちゃんは「だめだめ、ここからは乗せないわー」
                といけずな事を言う。ホントこのおねーさんとは大違いだ。

                でも…馬車には囲いが無く屋根だけでみんな乗ってる人達は
                寒そうな…辛そうな顔をしている。それを見て母親も「え?これ?1時間も乗るの?
                それなら良いわ、乗らなくても」と言ってくれたので散策してバス停に戻る。
                とりあえず親切な人に出会えて、リスにも出会えたので良かったことにする。
                リスは何故かみんな真っ黒でマロンみたいなので、どのリスにも
                「まっちゃん」と話しかけてみた。
                一度「まっちゃん、お腹空いた?」と聞いてみたら
                (マロンはこう聞くと必ずお手・お代わりをするのです)
                「うんうん」と言う感じに2回うなずいた(笑…ホントですって)。
                どこの子も食いしん坊なんだなぁと思う。

                そして次のパークロイヤルというショッピングモールへ向かうことにする。
                Posted by Kelly
                Category : Canada
                19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
                0
                  だから掃いた落ち葉は捨てようよ
                  翌日…ギャスタウンへ行った。ここは危ないところに近いというので朝早く
                  行ってみた。この季節どこもかしこも落ち葉だらけで、掃いても追いつかないよなー
                  と思っていたら…お店の前を掃いている店員さん発見。でもその落ち葉掃いて
                  一カ所に集めて山にしてそれで終わりなんだよね。自分の店の前だけ綺麗になれば
                  いいのかっ?風が吹いたら元の木阿弥だぞ〜。まぁこれだけ大量の落ち葉
                  だから仕方ないのかなぁ?濡れると滑りそうで怖かったよ。

                  掃いている店員さんの写真は撮っていなかった。残念だ。
                  ビデオには残していそうなんだが…。







                  そのあとLookoutという展望台?に上ってみた。これはこれでなかなか
                  おもしろかったです。展望台にあるカフェで飲んだカフェラテ。量が多すぎで
                  困った(笑)。半分は残してしまったよ…もったいない。



                  これは前日…なんだか疲れてホテルの目の前にあったデニーズに入ってしまい
                  注文してこれしか食べれなかった食事。左のはマッシュポテト。右のは…
                  ステーキだと思って注文したけどハンバーグのようだった。
                  出てきた瞬間あまりのでかさに笑った。
                  あーもう少しまともな店に入れば良かったよ。
                  Posted by Kelly
                  Category : Canada
                  18:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  0
                    行ってきましたバンクーバー
                    またもや?カナダのバンクーバーに行ってきました。今度は母と二人です。
                    手術後の静養のはずが…結局疲れて帰ってきました。
                    写真とレポを少しずつ公開します。

                    行きのエアカナダの機内食はまずかった。前と一緒のサーモンとパスタ。
                    サーモンパッサパサだしさー…。そのせいかいきなり下痢になってしまった。
                    しかも寝れなかった。だけど機内が空いていたので、母親とそれぞれ席を2つずつ
                    取って足を横にして休むことが出来た。

                    途中で日本のイカ釣り漁船の船の明かりを見た。最初小さい島で明かりが
                    付いてるのかと思ったよ…それを教えてくれたエアカナダの乗務員のおじさん
                    (見た感じは十分おじいさんなんだけど)が渋くてかっこよかった。
                    こういうおじさんと再婚してくれればいいのになぁ…うちの母親。
                    彼なら「ダディ」って呼べそうな気がする(笑)。機内で食事や飲み物を出してたんだけど
                    元パーサーとかで年齢的に引退して、でもまだ体が動くから働いているのかな?
                    もう1人おじさん(おじいさん)いたし。日本のオヤジのしょぼさはまるでない。
                    なぜなんだ、カナダ人!

                    下記は泊まったホテルの写真です。














                    Posted by Kelly
                    Category : Canada
                    18:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    0
                      メープルシロップ
                      たまにはこっちに書かないと。

                      ちょうど昨日メープルシロップ買ったら…今人気らしい。

                      前にカナダでメープルシロップポッキー買ったんだけど、
                      その時に鼻にふわ〜んと来る香りが好きだったの。
                      で、この前シリアルでメープル味のをもらったときに
                      それと同じ香りがして
                      あーやっぱりこの香りが好きって思ったのでした。

                      中国産のハチミツコワイからねー
                      これからはメープルシロップだな。
                      まぁ純正なだけに高いけどね。
                      中国に純正ハチミツは純正じゃなさそうだけど
                      カナダのは純正でしょ?やっぱり。

                      そそ、メープルシロップ味のポップコーンまで買ってしまった。
                      うま、うまだった。止まらなくなりそーでコワイよぅ。


                      メープルシロップ:愛用者、増えてます 菓子で人気広まり、カナダ産の輸入急伸

                       カナダ産メープルシロップの輸入が伸びている。04年度から米国に次ぐ世界第2位の輸入国になり、昨年度は2380トンと5年前の約2倍に増加。菓子などでメープル味が人気を集めたのが理由で、今秋もさまざまな商品が登場。日本料理に使ったり、変わり種のメープルシロップを楽しむ愛好家も増え、食卓に溶け込んだ存在になりつつある。【山田泰蔵】

                       ◆ミネラル豊富

                       メープルシロップは、早春の2週間ほどの間に採れるサトウカエデの樹液を煮詰めてできた天然の甘味料。カナダは世界の生産量の85%を占めるという。柔らかな風味で、砂糖やハチミツに比べ、カロリーが低く、カリウムやカルシウムなどミネラル分が豊富なことも注目されている。

                       秋商戦を前に8月からメープル風味製品の発売が相次いだ。東ハトの看板商品「キャラメルコーン」や、ロッテの新製品「昭和ハイカラ堂」ウエハースチョコにメープル味が出たほか、森永は「ルックさん厳選メープルのプリン」を発売した。

                       お菓子だけでなく、キーコーヒーはインスタントコーヒー「スウィートセレクション」にメープル味を追加するなど広がりを見せている。

                       輸入食品小売り大手の明治屋(東京都)の松永恵太さんは「20年ほど前に輸入が始まり、着実に売れてきた。最近増えたのは業務、加工用で、普通の輸入商品とは逆に家庭から業務用に広がったのではないか」と話す。

                       ◆5グレード

                       ケベック州メープル製品生産者協会によると、採取時期によって色や風味に違いがあり、法令で透明度を基準に5グレードに分類される。「NO1(エキストラライト、ライト、ミディアム)」「NO2(アンバー)」「NO3(ダーク)」とラベルに表示されるので購入時の参考になる。

                       一番搾りのエキストラライトは色が薄く、透明度が75%以上。香りが高くて味はあっさり。次第に濃くなり、最後に採れるダークだと透明度27%以下の焦げ茶色でカラメルのような濃厚な風味が強くなる。

                       日本で売られているのはミディアムがほとんどだが、最近は今までほとんど流通していなかったアンバーやダークを専門に扱うインターネット店も出てきた。ダークはたばこの香り付けなど産業用に使われることが多いが、カナダでは濃厚な風味の愛好者もおり、ヨーグルトの酸味を抑えられると日本でも人気が出始めているという。

                       ◆調味料でも

                       ◇意外!?しょうゆと好相性

                       日本ではパンケーキ用のイメージが強いが、カナダでは調味料として欠かせない存在でもある。卵やベーコンの料理にかけたり、肉の煮込みに使うことが多い。煮詰めたメープルを雪の上にまいて固め、木の棒でくるっと巻く水あめ状のお菓子「タフィー」は冬の風物詩だという。

                       「メープルシロップレシピBOOK」の著者、千安知詠子さんは「砂糖代わりに使え、意外なところではしょうゆと相性が良いので和食に合います。肉じゃがや筑前煮などみりん代わりに使えば照りも出ます」と話す。

                       水分があるので、砂糖代わりに使う場合はレシピにある水の分量を、使うメープルの量の4分の1ほど減らすのがポイント。シロップを煮詰めて粉末にしたメープルシュガーも流通しているので、お試しあれ。

                      毎日新聞 2006年10月6日 東京朝刊


                      ってかいたら旦那から同じ記事に対してメールが…(笑)
                      以心伝心?さすが夫婦??
                      Posted by Kelly
                      Category : Canada
                      13:08 | comments(2) | trackbacks(203) |
                      0
                        << | 2/2PAGES |
                        Categories
                        Archive
                        Search
                        Advertisement



                        Free Access Counter Templates

                        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』