Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 幸せが続いてます…小さな事からはじめる | main | にゃんこ頑張って >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    Sicko見ました
    前から気になっていたSickoをやっと見ました。

    シッコ
    シッコ

    まぁ想像はついていたんですが…いや、想像以上に酷かった。
    アメリカって…一般市民はボランティア精神とかありそうなのに
    上(政治家)が腐っているのか…いや、でもその政治家を選んだのは
    一般市民か…うーーーん。
    そういえばブッシュが再選したときに英国の新聞で
    「アメリカ人はみなバカになったのか?」
    というタイトルだったらしいけど。(英国らしい…)

    英国の元国会議員T・ベンという人が言う事が一番なるほどと思った。

    「労働者の借金苦は体制側に有利。借金漬けの者は希望を失い疲れ果て、“誰が議員でも同じ”と選挙に行かない。もし本当に労働者が自分の代弁者に投票したら真の民主主義革命が起こる。それは困るから体制側は希望を奪う。国民を支配する方法は2つある。まず恐怖を与え、次に気力を失わせること。教育があり健康な国民は統治が難しい。ある種の人間は“国民には教育も健康も自信も与えたくない、与えると手に負えなくなる”と考えている。世界の人口の1%が80%の富を独占していることによく皆は耐えていると思うが、それは貧しく気力もなく、権力を恐れているからだ。命令を聞いて最善を祈るのが一番安全だと思い込まされてるんだよ」。


    よっぽどアメリカの方が社会主義的恐怖政治だなと思う。
    小さい時は外国=アメリカで憧れていたけど
    絶対アメリカに移住したくないと思った。

    生後18ヶ月の娘が高熱を出し、病院に連れて行くが保険会社の
    提携の病院じゃないという理由で診察を断られ、提携の遠い病院
    に着いたときには心肺停止していたという話には涙が出た。

    日本はアメリカ化していくのかな。
    もちろん…医療費がタダって国は税金も多く取られる
    だろうけど、日本みたいにくだらない事に無駄使いされる位なら
    きちんと医療とか必要な事に使って税金を使われるなら
    多少税金高くても構わないんだけどな。

    やっぱりCANADAが良いなーと再認識しました(笑)。
    Posted by Kelly
    Category : TV・Movie・Music
    14:47 | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      14:47 | - | - |
      0
        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』