Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マンスリーフラワー豪華ですっ | main | 追憶の橋とアートセンターでAmazing!なオット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    Christ Church Cathedralに登ってしまった…
    えぇ…まさに登ってしまったのです(笑)。
    やっぱり来たからにはタワーに登らんと…と思って。
    133段?とか聞いてもピンと来なくて
    外から見る限りそんなに高くもないかなぁと。

    で、タワーはどこから上がるんだ?と思ったら聖水の奥にありまして、
    でもドアの前にはコインを入れる場所しかない。
    え?1人5ドルでしょ?コイン5ドル分なんてないよー
    (5ドルは紙幣なんです)と言っていたら(もちろん日本語)
    白人のおじさん(観光客と思われ…一人でしたけど)に
    Visitor Centerに行けばコインにしてくれるよと英語で
    教えてもらいました(笑)。おじさん…日本語分かるの?

    で、Visitor Centerへ行って(普通はココから入るらしいです
    うちらは普通に教会の入り口から入りましたけども)
    10ドル払ったらコイン1枚くれました。
    あれ?2人分なんですけどーと思ったらコインを入れれば
    ドアが開くので1枚で良いようです。(ずるっこすれば
    何人でも入れる…とも言えます…)

    そしてタワー入り口に戻りドアを開けて…あんぐり。
    階段が…階段が急すぎるぅーそして狭いっ!
    コレ、降りてくる人いたらどうするの?
    途中ですれ違うの…絶対kiwiだったら無理〜
    っていうくらい狭いんです。しかも螺旋階段の
    先が見えないのでどんだけ先があるのかも分からず…
    途中で何度か休憩し(飲み物を高かったけど買って
    おいて本当に良かったよ…)、人が降りてこない事を
    願って、心臓バクバクになりながら登りました。

    螺旋階段の画像は取り忘れたので、この「螺旋階段」から
    クリックして見てもらうか、下のスライドショーの2番目の画像を
    見てみてください。



    すごく狭いんですよー

    で、最後はこんな階段を2つ登るのです。


    登りもしんどかったですけどね、下りなんか泣きそうな位
    怖かったです。1段ずつ半分座って降りましたよ。
    高所・閉所恐怖症の方は間違えなく止めた方が良いです。


    この階段はさすがに一般用ではありませんが、さらに上もあるようです。
    鐘でも鳴らす為なんでしょうか?

    上に上がったら、さっきのコインを教えてくれたオジサンがいました。
    いやー大変だったねーなんて感じで話しました(いちおう英語で)。
    つーかホントね、あんまり登る人いないみたいです汗


    さっきまでいたSign of the Takaheの方向です。
    って鉄格子の中で撮ったので見にくいですね。


    思い切って鉄格子からカメラを出して撮りました。
    落としたらどうしようとドキドキです。
    屋根の模様がおもしろいですね。


    Heritage Christchurchという素敵なホテルが分かるでしょうか?
    上が白くて、下が茶色い低い建物で、白い建物の手前なんですが…
    Tramway Restaurantの食事はここのHeritageで作ってるそうです。
    今度来る事があったらこういうホテルに泊まりたいです。
    あ、でも今、VirtualToursをしたら部屋は割とシンプルなのね。
    なーんだ。


    上を見上げました。塔のてっぺんがかろうじて見えます。
    コレもかなりのけぞって撮ったので命がけ(大袈裟)です。


    斜め上はまだ撮影しやすい。

    で、降りるときに下から死にそうな呼吸のご夫婦の声が聞こえてきたので
    しばらく待っていました。上がってきたのは白人の50代位のご夫婦で
    奥さんなんか見事にでっぷりしていたので息が上がってしまって
    死んじゃうんじゃないかと思うほどの疲労ぶりでした。
    で、あとこの階段2つよー頑張ってー!みたいな感じでお話しして
    うちらは下へ降りました。降りながらもなるべく喋って
    降りてるよーとアピールをし、
    下にいる人に待ってもらうようにしました。

    一番下まで来たら若い女の子が一人で待っていてくれました。
    まぁこの子とならすれ違えたかもだけど、待っていてくれて
    ありがとう!けっこうハードだから頑張って〜みたいに言って
    扉の外に出ちゃいました。
    あ、階段の写真…と思ったけど、もういいや…疲れたし…。

    で、教会のベンチであまりの疲れに放心していたら
    教会のガイドのおじいさんに
    「どこから来たの?」
    と話しかけられて、日本と言ったらいくつか日本語で
    話しかけてくれました。おじいさんも大変だわぁ。

    多分…この方に聖水の事聞けば良かったんでしょうけど
    もう疲れちゃって思考回路ゼロだったので忘れてしまいました。


    そして外に出てきて教会横の広場?にあったモニュメント?です。


    なんだか天気が悪くなってきて、怪しい雲行きと教会のタワーが
    良い感じで馴染んでいます。こういうダークさは好きです。


    でもちょっと離れた間に日が差してきて少し明るくなりましたが。
    そしてパトカーがとっても派手です。
    この派出所?の警官にTramway Resaurantを聞いて
    騙されました…

    あと関係ないけど、大聖堂広場のそばの空き地?廃墟?
    なんだかこういう汚い部分も写したくなるのであります。




    さてさて次はPUNTINGに行きますかぁ〜

    今日はここまで。
    Posted by Kelly
    Category : NZ旅行
    16:10 | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      16:10 | - | - |
      0
        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』