Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< だから掃いた落ち葉は捨てようよ | main | パークロイヤルのホームデポ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    スタンレーパーク
    その後はスタンレーパークへ。母親用にいちおう観光っぽいのだ。
    バスを待っていたら雨が降ってきた。まずい!朝晴れていたし、
    天気予報でも晴れだと言っていたので折りたたみ傘持ってこなかったよ。
    バスに乗るとどんどん雨が激しくなってきた。げっげげ〜

    でも公園に着いた頃には雨がやんでいた。しかしここからが失敗。
    普通…日本なんかだと公園に案内板がたくさんあるじゃない?
    バス停にある案内板をよく見ないで人の流れにくっついていってしまったら
    公園内を1周する馬車ツアーの乗り口が分からなくなってしまったのだ。
    公園はとてつもなく広いので(日比谷公園の25倍だそう)ちょっとそこまで
    行って見てくるなんて事は出来ない。とりあえず海の方まで出たけど
    それらしいものは何もない。仕方ないので赤ちゃんを連れた女性2人組に
    聞いてみるとバスを降りて逆の方へ来てしまったらしい…ひぃ〜
    「もう公園の半分は歩いたようなものよ」なんてギャグを言われてしまった。
    でもこの女性すごーーーく良い人でちょうどその馬車が来たので
    「ここから乗れるか聞いてあげるわ」と言って馬車に向かって走って
    くれたのだ。でもガイドのおばちゃんは「だめだめ、ここからは乗せないわー」
    といけずな事を言う。ホントこのおねーさんとは大違いだ。

    でも…馬車には囲いが無く屋根だけでみんな乗ってる人達は
    寒そうな…辛そうな顔をしている。それを見て母親も「え?これ?1時間も乗るの?
    それなら良いわ、乗らなくても」と言ってくれたので散策してバス停に戻る。
    とりあえず親切な人に出会えて、リスにも出会えたので良かったことにする。
    リスは何故かみんな真っ黒でマロンみたいなので、どのリスにも
    「まっちゃん」と話しかけてみた。
    一度「まっちゃん、お腹空いた?」と聞いてみたら
    (マロンはこう聞くと必ずお手・お代わりをするのです)
    「うんうん」と言う感じに2回うなずいた(笑…ホントですって)。
    どこの子も食いしん坊なんだなぁと思う。

    そして次のパークロイヤルというショッピングモールへ向かうことにする。
    Posted by Kelly
    Category : Canada
    19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      19:02 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        コメントする








        この記事のトラックバックURL
        http://bridal.jugem.cc/trackback/466
        トラックバック
        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』