Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どどーーーんと落ち込みモードのち薄曇り | main | 蓮ちゃんのおかげ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    手術します!入院決定!!
    行って良かったN医療センター。
    実は妊婦時期に買ったお産の本を書いたのがここのS先生。
    そして蓮ちゃんの病気のセカンドオピニオン最終的にここで見てもらって
    やっぱりどうにも出来ないことが分かり、諦めた経緯もあるので
    最後はNかな?というのがあったりもして。

    しかもここのS先生は筋腫合併妊娠を沢山取り扱っていて
    筋腫を持ち妊婦の最後の砦?みたいに書かれていたので、
    この先生が「妊娠してOK」といえばOKだし
    「ダメ」と言えばダメなんだろうと思ったりもしたので。

    この先長いので読みたい方は続きをどうぞ
    S先生は完全予約制。
    飛び込みの予約無しで行って5時間待ったという話をネットで見つけて、
    ある程度覚悟はしていたのですが…

    いちおうね、8時半から受付なので8:20は着いたのです。
    しかも以前蓮ちゃんのことで行った時に間違えたところから
    入ってしまい、思いっきり職員の人が通る道とか歩いていたので
    裏道を知っていてそれもあって職員のふりして裏から入りました。
    (職員の方にくっついて、入り口にいた人にも
    「おはようございます!」と職員のふりして挨拶して入った(笑)
    思いっきりMRIのフィルム持っているのに!)
    そういう意味で行ったことあって良かった。

    番号札は5番。以前行ったから再診の手続きと思ったら前回は産科。
    今回は婦人科。だからまた初診らしい…。その順番が5番目。
    1番の人が呼ばれる。この人もMRIを持っている。
    ん!絶対この人も婦人科だなと思う。
    で、受付をすませて婦人科へ…婦人科は当然産科の隣なんだろうと
    勝手に思いこみ産科の方へ。しかし…着くと婦人科がない。
    あれ?あれ?なんだかあたしの来る所じゃないんだーと悲しくなる。
    係の人がウロウロしている私に声をかけてくれて婦人科の場所を教えてくれる。
    あー間違えちゃったよ、産科に行っちゃったよ。
    なんだか悲しい気持ち。
    昨日の病院でも問診票に
    「今日は何できましたか?」と言う項目があって
    「月経過多」「下腹部痛」「不正出血」とかあって
    その一番上に書いてある
    「妊娠」
    に思わず無意識で○をしてしまって
    あぁーーーー違う、違う〜〜〜どうしよ〜って
    「子宮筋腫」
    に○を付け直して、その妊娠の所を消すことが出来ないから
    最初×したけど恥ずかしくて、妊娠の字が見えないように
    真っ黒に塗りつぶしたのです…
    それもあってまた産科に行ってしまった自分が悲しかったのです。

    でも産科にまた行ったので、前回何故か外に放置して積んである
    煉瓦が見えて、それが気になっていたのですが、それがまだ置いてある
    事を発見。実は前回、ダ〜が車を置いてる間に先に産科にあたしがきて
    その場所を別々に通ったのに、二人ともその煉瓦に気づいていて
    「あの煉瓦、良い感じに風化していてかっこよかったね。
    あんな所に放置してあるなら欲しいよね」
    と話していたのです。(非常時なのにそんなことに気づく夫婦…)
    なので、あ、まだあの煉瓦ある〜やっぱり欲しいなぁと思いました。
    (これはのちに再利用されるためというのが分かる)

    ようやく婦人科に。でも産科と婦人科が離れてるのは嬉しいことだなと
    思う。そんな心遣いが今のあたしには嬉しい。

    受付するとやっぱり番号札1番の人がいる。やっぱりそうなんだ!と思う。
    その後予約の人がどんどんそれぞれの先生の診察室の前に呼ばれる。
    予約じゃない私とかは呼ばれないで座ったまま。
    30分くらいして予約外の人達に診察券と保険証、そしてS先生の
    時間枠の紙を渡される。
    番号札1番の人が私の右側にいて、聞き耳を立てていたら9:30の枠で
    取りましたと言われていました。でも予約の人優先なので何時になるか
    分かりませんからと念を押されている。
    枠は30分ごと。だから私は10:00枠?と思っていたら私の左の人も
    S先生に予約無しで来たらしく、その人が10:00枠。そして私は10:30枠でした。

    本を読んでもあんまり集中できないし、窓の外を見たり、ちょっと寝てみたりしながら時間をつぶす(といっても寝れないんだけどね、目をつぶってるだけで)。壁に大きな液晶のテレビがあって、音が出ない文字だけの映像が流れている。そこでN医療センターが今工事中で、その後こういう建物が出来ますというCGの画像とかが出る。建物のCGをやっていたこともあり、ついつい見てしまうと、Nの周りの舗道をNの土地を提供して広くしますという告知が出ていて、完成予想CGも出ていた。
    この時に「以前から皆さんに親しまれておりました赤レンガの壁を耐震上取り外し、こういう舗道にします」と表示され、以前の赤レンガの壁の画像が…。あれ?レンガ??と思い画面に釘付け。
    しかしこの「皆さんに親しまれていたレンガもこのように再利用されます」とさらに花壇とか道路に一部埋め込む形で使われるとまた完成予想CGが出る。なーんだあのレンガ放置されてるんじゃなくてまた再利用されるために置いてあるのかぁーと納得。今までの疑問が晴れました。んーでも余るなら欲しいなぁとまだしつこく考える。

    はぁ長いね、打つのも疲れてきた。しかもまだ診察されないのにこんな長文でごめんなさい。

    で、ようやく10:00枠の人が診察室の前に呼ばれる。
    この時思う。初診ってどれくらい見てくれるんだろう?と。
    よし、時間を計ろうと思う。(暇なもんで)
    その人は10:38に診察室へ入った。
    ん〜これだけ人がいるしなぁ。15分位なのかな?と思う。
    10分、15分、20分たっても出てこない。
    結局35分後位に出てきました。
    すごーい!長い!丁寧に診てくれるんだ。
    (もしかすると重病なのかもしれないけどね。どうも紹介状ありで
    来た方のようなので…)
    でもでも…さらに二人のおばさまが診察室の前で待っている。
    うまくいってあたしがこの次だろう。
    一人30分なら…えーさらに1時間後???
    この時既に11:10を過ぎているので…ひぃ〜〜〜〜と思う。
    やっぱり半休は無理だなぁ。今日は全休だなぁ…と覚悟する。

    思った通り、二人のおばさまの後に呼ばれる。
    あと1時間か…1時間…と思っていると最初のおばさまが
    すぐに出てくる。検査結果とかだったのかな?多分5分もいなくて
    次のおばさまもすぐ終わった。あれ??早い。
    次はあたし?ドキドキドキ…

    実はS先生のお顔は本に写真が出ていたので知っていました。
    でも写真よりキリリとした感じでちょっと思ったよりこわそう?と
    思ってしまったのですが、とてもテキパキしていました。
    (でもかなり男前系のお顔立ちです)
    実はあたし、今までの病気の経緯をすべてまとめて印刷して
    持って行っていたのと、以前こちらでかかっていたカルテも
    あるみたいなので、話も早くてMRIを見るなり

    「こんなの持っていても仕方ないでしょう?
    早く取っちゃおう!」

    と実にあっさり言われてしまったのです。

    え?あれ?取っちゃう??
    今までどこへ行っても
    妊娠か手術かどっちがいいかなぁと言われてきたのに…

    ま、話しているより見せてもらった方が早いねと内診とエコー。
    初めてカーテン無しの内診でしたが恥ずかしさは意外となかったです。
    そして画面を見ながらこれが筋腫で〜と説明してくださるのですが
    画面が先生の方にあるので見るには上半身を半分起こさなくていけなくて
    腹筋がかなりピキピキきました(苦笑)。

    とにかく結論は手術。早く取っちゃおうとのこと。
    おそるおそる
    「あの…筋腫合併妊娠は…?」と聞くと
    「出来ちゃったら仕方ないけど、出来てないんだから先に取ろう。
    こんなの持っていても仕方ないでしょう?妊娠もづらくなるしね。」
    と実にあっさり。
    「手術方法は…?」
    「あなたの場合、開腹と言っても5〜6cm切るだけ。
    こんなもんだよ(と指で長さを示して)。横切りでビキニラインに
    沿って切れるからビキニも着れるし、傷口なんてほとんど分からないから大丈夫」
    この時ぽつりと
    「ビキニはどっちみち着ないのですが…」と言ってみるが先生には聞こえてなくて(笑)
    「で、どうする?いつ切る?」
    とのこと。
    えー切ってくれるんですか?っていうかいつならOKなんですか?
    と思い、
    「出来るだけ切るなら早く切りたいんです。年も年なので…」
    「ん〜そうだね、小さい筋腫も出てきてるし、早いほうが良いね。次の生理はいつ?」
    「○○日頃です…(ちょっと恥ずかしいので隠しておきます)」
    「わかった。その次の週にしよう。」
    「え?そんなに早くしていただけるんですか?」
    「時間上手く間に入れるから大丈夫。これは早いほうが良いんだよ。」

    と、まぁとんとん拍子に進んだのです。
    でももしかして違う先生が執刀するのかなと思ったら
    「僕がやるから大丈夫」とのこと。
    筋腫合併妊婦のカリスマと言われる先生だけにまた半年後とか思ったら
    時間の都合を付けてくださって本当に感謝・感激です。

    まぁその他いろいろお話もしたのですが、先生の本を妊婦の時に読んでいたと言ったのも良かったのかも(笑)。そんなことはどうでも良いと思われるかな?思ったのですが、それを話したら良い反応を返していただいた気がしたし!蓮ちゃんの病気のことで本に書いてあったことをちゃんとしたのに回避できなかったのでそのことを聞きたかったのですが、
    「それは要因の1つだけど、複数の要因でその病気になるのであって
    たまたまあなたの場合は別の要因があっただけ。気にしちゃダメだよ。」
    と慰めてもいただきました。

    産科・婦人科共に強い先生で良かったなと思いました。
    で、結局あたしも30分くらいは診ていただき
    すぐに手術のための検査に回って採血・心電図・胸のX線写真を
    とって問題なしで入院の予約をしてきました。

    とにかくあたしが決めたのは
    「妊娠が出来る良い状態の子宮にしてあげるから大丈夫」
    という心強いS先生のお言葉でした。
    傷とか痛みとかそんなことより妊娠がきちんと出来る
    赤ちゃんに危険のない状態にしたいと言ったので。
    それなので
    「子宮をきっちり縫いたいから腹腔鏡じゃなくて開腹にさせてね」
    と言う言葉も納得できたし。
    今まで手術をすると子宮が弱くなって赤ちゃんが出来ても
    子宮が破裂するとか怖いこといろいろ聞いていたので
    S先生の言葉に本当に安心できました。

    断言して患者の意見を聞かない医師も良くないけど、
    時に患者に安心感を与えるために
    「こうしよう、大丈夫」
    と言い切ってくれる医師も大切だなと思いました。
    それには本当に自信がないとダメだと思いますが。


    あー疲れた。
    でもよかった。
    近いうちに今まで行った病院。その経緯を書きますねー。
    だけどお金飛んだよなぁ…まぁお金に代えられないけどね。






    Posted by Kelly
    Category : 子宮筋腫・婦人科病気
    14:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      14:52 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        頑張って書いたねぇー!!
        えらい!!
        お疲れ様。

        よかったねー。
        心強い先生で。ちゃんと先生の本読んでて(笑)
        やっぱりケリーさんは、
        いろんなことにおいて、ちゃんと努力して頑張ってるから
        こういう良いことに結びつくんだと思う。
        (早くに手術していただけたりね♪)
        蓮ちゃんの陰の力もあり?

        あとは手術だ!
        よい状態の子宮になるんだねっ!
        2006/07/31(Mon) posted by みなみ
        長くてごめんねー
        読むの疲れるよね。
        打つのも疲れたけど(笑)。

        とりあえず本は読んでおいて良かったのかも(笑)。
        しぶといというか粘り勝ちみたいな感じだけどねー
        あとは蓮パワーだなぁ。
        すごいねーパワーある子なんだよねぇ(親ばか)。

        うん頑張る〜
        良い状態の子宮にならなくちゃ!
        2006/07/31(Mon) posted by Kelly
        こんにちわ
        ブログ、全部ではないけど読ませていただきました。
        苦しい目に遭ったんだねーーー!
        日ごろの明るいあなたの様子からは想像できなかった。

        小さい命に去られた悲しみは到底慰める言葉もありません。
        しかも、これからあんたが手術を受けなければならない・・・。
        ブログを続けてください。
        書くことで少しでも自分の心を慰められるでしょう。
        またネ
        2006/08/06(Sun) posted by wasaby
        wasabyさん
        暗黒(苦笑)ブログなのにわざわざお越しいただき
        コメントまで残していただいてありがとうございます!!

        そうですねー書くことで気が紛れる部分もあります。
        ただ書きながら号泣しちゃって支離滅裂になることも多いのですが。

        手術頑張ってきます!
        2006/08/07(Mon) posted by Kelly
        コメントする








        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック
        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』