Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ありがとう | main | バレエ開始 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    この本すごく良かった
    最近読んだ本。


    お母さんの心がラクになる!怒らない子育て
    水島 広子
    青春出版社
    売り上げランキング: 120,510
    この本すごく良かったです。
    忙しいとついイライラしていまいがちだし、自立心というか
    自分の意思が石のようにかたい娘相手に怒りたくないのに
    怒ってしまう時が多々ありまして。。。

    で、これ読んですっごく目から鱗が落ちました。
    綱引きをやめる
    被害者になるのを止める。
    これがキーワード。

    早く!早く!と言うのではなく、「急いでお着替えして欲しいんだけど」
    と言う言い方は心がけていたのですが、さらに
    「急いでやってくれるとママとっても助かるなぁ」と言い、
    ちゃんとやったら「とっても助かっちゃった!ありがとう!」
    と伝える。早く!と綱を引くからいやだーと相手も綱を引くんですねぇ。
    綱を離しました。で、かなり変わってきたかも。

    で、子供の目線で考えるとか、子供は本来親切な存在だから
    親が困っていたら助けようと思うっていうのも合点がいきました。

    遠足の日も前の日に「もし電車に乗り遅れちゃったらと思うとママとっても
    心配なの。○○ちゃんが急いでお支度してご飯食べてくれたらママすごく
    助かるなぁ。ママのこと助けてくれる?」と寝る前に言っておいたんです。
    その時は「いいよ」と軽く言っていましたが、翌朝、支度の早いこと早いこと。
    逆にせかされたくらいです。おかげで予定の10分前に出発できましたもん。
    この本のおかげです、ホント。
    (もちろん、ちゃんとお礼も言いましたよ)←ここポイントらしいのです。

    ホントにホントに良い本です。図書館で借りたのだけど
    すぐ怒るオットにプレゼントしようかなぁ(笑)。

    著者のブログからの抜粋
    内容(「はじめに」より抜粋)

    子育ては「つい怒ってしまう」ようなシーンの連続です。私自身も二人の子どもを育てていますので、それは痛いほどよくわかります。
    でも、ちょっと別の視点を持ってみるだけで、「つい怒ってしまう」はずのシーンを、子どもの力に気づいたり、子どもの力を伸ばしたりするシーンに変えることができる、と聞いたら嬉しくありませんか? 
    そして、私たち親を困らせている子ども自身が、一番頼もしい存在となって、「つい怒ってしまう」ような状況から助け出してくれることすらあるのです。
    そんな視点の転換のコツを、本書で一緒に見ていきましょう。

    子育ては、子どもの力を借りなければとても大変な作業になってしまいますが、子どもの力を発揮してもらうために必要な努力は、実はそれほど多くありません。そんな「ちょっとした努力のポイント」を本書でお伝えしたいと思います。
    「子育ては親育て」などと言われますが、私は、「子育ては親の癒し」だと思っています。多くの親にとって、子どもとの関わりは、無条件の愛情を与えてもらう、人生で初めての機会となるからです。
    実は、子どもを持つということは、自分を無条件に愛してくれる人を持つということ。子どもは育っていく存在であると同時に、不完全な親を見守ってくれる愛の存在でもあるのです。
    ですから、そんな愛情の中、もっとのびのびと子育てをしてみましょう。それが、子どもを無条件に愛することにつながります。
    親子関係は、最も悩ましいものになってしまうこともあるのですが、すばらしい可能性を秘めたものでもあります。子育てを通して自分を癒すことが、子どもに豊かな「生きる力」を与えるのですから、こんなによい話はないと思いませんか?

    青春出版社 1365円(税込)

    Posted by Kelly
    Category : 絵本・書籍(子供用)
    17:52 | comments(3) | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      17:52 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        Kellyさんには、ホント感心します!
        早朝から起きて食事作りして、フルタイムで仕事して、ちゃんと
        こうして本も読んでる!さらにブログもUpしてるし。
        時間の使い方が上手ですね!

        最近、金欠ゆえにダラダラ過ごして一日終わりがち(外出が散歩のみだったり…)
        するので、身が引き締まる思いです。反省せねば…。
        2013/06/07(Fri) posted by ロメ子
        ロメ子さん

        いえいえとんでもないです。いつも時間に追われて
        アップアップです。くつろいでみたい。のんびりしてみたい。
        だから海外旅行に常に行きたい病なのかも−。

        電車の中で本は読んでいます。ほらお互い活字中毒でしょ?
        小説を読む気力はないし、子育てねぇ…いつもこれで
        良いんだろうか?と疑問ばかりで。知識だけはありますが
        実践できてるかなぁ…ビミョー。

        でもありがとうございます。そんな風に言っていただけて
        励みになりますっ!
        2013/06/07(Fri) posted by Kelly
        あ、私こそ身を引き締めたいですっ!
        2013/06/07(Fri) posted by Kelly
        コメントする








        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』