Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 心を入れ替えたつもりが… | main | げ、サドル高 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    「犬と一緒に育つ赤ちゃんは病気に強い」だと良いな。
    yahooニュースに載っていた。
    うちもマロン効果?あるといいなぁ。

    「犬と一緒に育つ赤ちゃんは病気に強い」、研究
    拡大写真
    フランス・イゾンで子犬と遊ぶ男の子(2006年6月12日撮影、資料写真)。

    【AFP=時事】犬が飼われている家庭で育つ赤ちゃんは、感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るとの調査結果が、9日の米小児科専門誌「ピディアトリクス(Pediatrics)」に掲載された。

    ペットの存在でストレスレベルが低下するとの研究も

     論文ではこの理由について詳しく説明していないが、毎日ある程度の時間を屋外で過ごす犬が周りにいることで、生後1年内の赤ちゃんの免疫力が高まる可能性があるとしている。

     猫でも同様の可能性が示されたが、その効果は犬より弱いようだ。

     フィンランドのクオピオ大学病院(Kuopio University Hospital)が行ったこの調査は、親が生後9〜52週目に健康記録を取り続けた子ども397人を対象に行われた。

     その結果、犬や猫が飼われている家庭の赤ちゃんは、せき、喘鳴(ぜんめい)、鼻炎などの感染性呼吸器疾患にかかる確率が約30%低く、また耳の感染症にかかる確率も約半分だった。

     研究チームは、「動物との接触が免疫系の発達を助けることで、より整った免疫反応をもたらし、感染期間を短縮させるのではないか」と推論している。

     調査では、感染リスクの上昇が考えられる要因(母親による授乳や保育施設の利用、さらには親の喫煙や喘息など)を排除しても、犬のいる家庭で育つ赤ちゃんで感染症を発症する確率が著しく減少したことが確認された。また抗生物質の投与回数も少なかったという。

     先行研究では、ペットが子どもに与える恩恵についての意見が別れていた。恩恵などないとするものが存在する一方で、動物との接触が風邪や胃腸疾患を予防するとしたものなど、相反するものが見られた。

     研究チームは、今回の調査が出生後すぐの乳児のみを対象とした点で、先行研究とは異なっているとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

    Posted by Kelly
    Category : マロン
    18:01 | comments(3) | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      18:01 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        そうだよねー、そうこなっくっちゃ!

        一昔前?だと、子供が生まれたらペットの犬猫は『(殺)処分』するのが
        まるで「正しい親」みたいな風潮で、吐き気を催すほどでした!
        いまだに、うちの親なんかはそういうことを軽いノリで言うから
        腹が立つ。
        決して、よその家の人に、そんなこと言っちゃダメだよ、と
        念押ししてます。。。

        最近では、エルザ=孫、になってきたから(苦笑)、洗脳出来たと
        思います(笑)

        写真は、ロットワイラーの仔犬かな。
        2012/07/11(Wed) posted by ロメ子
        私も読みました!
        幼い頃から家族の一員として一緒に暮らすと心も豊かになりそうだし一緒に暮らすことのメリットってとても多いですよね。
        またまっちゃんに逢いに行かせてくださいね♪
        2012/07/12(Thu) posted by miniel
        ロメ子さん

        うちの親もそういうところあります。
        昔のペット?というか飼い犬は外飼いだったし
        今とは全然清潔度とか違うと思うんですけどね。
        親世代には是非知って欲しいことですね。
        (wasabiさんのご両親にも!)

        ふふ、今はエルちゃん=孫なんですもんね。
        きっともうそういう考えはなくなったかも。

        ロットワイラーってカナダで何回も見かけました。
        けっこうこの子もドベちゃんと一緒で映画とかだと
        悪役?にされちゃいますよねー!

        minielさん

        一昔前は動物と赤ちゃんは離せ!って考えの人が
        多かったからこういう研究はありがたいです。
        娘もマロンのおかげで割と動物に抵抗ないので
        良かったです。あたしは実は小さい時に動物苦手だったので。
        えぇ是非また遊んでやってくださいねー。
        2012/07/12(Thu) posted by Kelly
        コメントする








        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』