Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自然治癒 | main | チャイルドシート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    昨日の追加内容
    昨日もう眠くてとりあえず携帯から更新しましたが、
    はい、娘の持病が驚くべき事に治ったようなのです。
    完治と言って良いのかなぁ?もう病院は卒業と言われました。

    思えば…出産日翌日に先生から赤ちゃんの心音が気になりますので
    お話がありますと言われ、まだ帝王切開の硬膜外麻酔が切れていなくて
    目の焦点も合っていない時に先生とお話ししたのです。

    本来はご主人だけでも良いですって事でしたが、このご主人
    それを聞いていきなり泣き出しましてね。
    (ってこと書きましたっけ?)
    そりゃーあたしだって心音?心臓?何それ、心臓移植とか
    バチスタ手術とかよく分かんないけどそういうの関係あるわけ?
    どうなっちゃうの?死んじゃうの?と色々とグルグル巡りましたよ。
    泣きたかったですよ。でも親なんだし、まだ悪い病気って
    決まった訳じゃないし、泣いちゃダメだと思いましてね。
    オットには「あなた父親なんだから泣いていちゃダメでしょう!」と
    半分怒鳴っていましたよ。
    背中に硬膜外麻酔付けた状態で朦朧としながら叱咤しましたよ。
    そしてきっと大した病気じゃないんだ。
    せいぜいマラソン大会をサボる口実になるくらいのもんなんだと
    自分に言い聞かせました。(あ、マラソン大会大嫌いだったもんで…)

    それで先生に病名告げられて…
    そんな病気知らないし、どれくらい重いのかも分からないし。
    ただ心臓の先天性疾患のほとんどがこの病気と言われました。

    その後、看護師さんに母子手帳に病名書くと将来受験の時に
    母子手帳のコピーを求める学校もあって不利になったらいけないから
    えんぴつ書きにしますねって言われて、そんな不利になっちゃう
    病気なのかと思ってここでも病名は控えていました。

    治癒したと言うことで病名を書きますと
    心室中隔欠損症
    です。

    ただ孔が小さめなこと、成長と共に自然に孔がふさがることもあるからと
    言われて、きっとふさがると信じてきました。
    (だけどチアノーゼとか心不全とかに注意してくださいとか
    言われるし、3ヶ月目くらいから利尿剤も飲んでいたし
    やっぱり心配でした)

    そしてこの1年半歳ずっと「先天性疾患の子供を持つお母さん」
    という意識は消えませんでした。
    本人は至って元気でしたが、「何か病気になると普通のお子さんより
    重症化するからね」と言われてきていたし、特に最初の頃は
    いかに体重を増やすかが課題で、なかなか母乳が出ず(というか
    飲みにくいパイ形状だったようですが)ミルクを足そうとすれば
    助産師さんは「母乳にするならミルク控えて」というし、
    (そう東大病院のある助産師は(さんはつけないぞ)電話で相談したら
    「泣かせたくないからミルクあげるんですか?」とすごーーく
    冷たく言ったんです。あの言い方忘れないぞ、くそっ)
    医師は「母乳にこだわらずまず体重増やすこと優先で」というし、
    お腹が空いて泣くと、その度に医師の
    「あまり泣かせすぎて心臓に負担かけないように」
    という言葉を思い出し、すごく辛かったです。
    (そうよ、泣かせたくないからミルクあげたかったのよーっ!)

    今思えば、もっと飲みたいだけミルク飲ませても良かったなと思いますが
    その時はどうして良いのか本当に分からなかった。

    将来、学校の水泳の時間、心臓疾患がある子は帽子の色が違うとか
    女の子は妊娠/出産時は注意しなくちゃいけないとか、手術すると
    なると胸に傷が残るのかな?とか
    そういうのも読んだりして色々考えましたよ。

    あと認可保育園がダメでご家庭で預かってくれるところも
    心疾患があると心配だからダメと言われたしね。

    それでも娘はグングンでかくなり手術も必要なさそうだし、
    半年前の検診で体が大きくなっているのに孔の大きさがほとんど
    変わっていないからふさがる可能性があると言われて
    早くふさがると良いなと思っていたけど、こんなに早くふさがるとは
    思っていなくて…正直まだ実感がありません。
    1年半背負って来た(オーバー?)「先天性疾患の子供を持つお母さん」
    という十字架がおろせる日が来るなんて…。

    きっと蓮ちゃんが守ってくれているんだろうなと思います。
    蓮ちゃん、どうもありがとう。

    と、娘は良い方向に進んでいますが、マロンさんにまた心配な症状発生。
    蓮ちゃん、何度も申し訳ないけどマロンのこともお願いします。

    そうそう今朝、お嬢が蓮ちゃんのお人形を見つけて
    「ねんね、ねんね」と言っていました。
    蓮ちゃんのお人形は小さなベビーカーの中でねんねしているのです。
    「お兄ちゃんだよ」
    と言って近いうちに抱っこさせようと思います。
    (でもお嬢ぶん投げそうでちょっとこわいなぁ)
    Posted by Kelly
    Category : 1歳
    13:24 | comments(2) | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      13:24 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        自然治癒おめでとうございます!

        小さな体の小さな心臓に疾患があるとわかって不安にならない親はいないと思います。
        これから歩くのが上手になってどんどん活発になっても不安が拭えない生活は辛かったでしょうし、今の段階で治ってくれて本当に良かったですね\(^o^)/

        お嬢にはご褒美に何か美味しいおやつを用意してお祝いしてあげてください(*^^*)
        2011/01/29(Sat) posted by キート
        キートさん

        お返事遅くなりごめんなさい。
        ホント…不安でした。本人は大きくなって元気そう
        でしたけど、特に最初の頃は不安で不安で。

        そうですねー活発になる前に治ってくれたのは
        良かったです。

        おやつ…甘い物あんまり食べないんですよー
        最近やっと果物食べるようになりましたけど。
        納豆とか味噌汁とか酢の物とかシブ好みで…(笑)。
        お祝い何が良いかなぁ〜
        考えてみます。
        どうもありがとう♪
        2011/02/01(Tue) posted by Kelly
        コメントする








        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』