Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< バタバタしています | main | 続・赤ちゃんを亡くして(3)天国に着ていく服作る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    続・赤ちゃんを亡くして(2)情報を共有 母親見守る
    こういう配慮をしてくれる病院はやっぱり大きい病院なのかな?
    自分の病院でそういう配慮が無理ならそういう病院へ
    転院させてくれれば良いのになと思う。


    続・赤ちゃんを亡くして(2)情報を共有 母親見守る

     「また死んでしまった」

     2001年7月、横浜市の神奈川県立こども医療センター。市内に住む岩田由貴子さん(41)は、おなかの赤ちゃんの死を医師から告げられ、泣き崩 れた。

     その6年前、先天性の心疾患で生まれた長男を1歳になる前に亡くした。00年に生まれた長女は、生後2か月で髄膜炎にかかって障害が残り、同セン ターでリハビリを受けた。

     「娘にきょうだいをつくってあげたい」。母の思いは打ち砕かれた。2日後、亡くなった「静夏ちゃん」を分娩した。死因はわからなかった。

     「かわいいですね。どちら似でしょうね」と助産師。岩田さんは分娩室で静夏ちゃんを抱っこした後、母性病棟の個室に入った。助産師からは「気が済 むまで、ずっとここにいていいんですよ」と言われた。

     死産した母親は、元気な子を産む母親と同じ病室に入院するのはつらい。同センターでは、こうした母親に個室を提供する。隣の個室に妊婦がいれば、 看護師や助産師が胎児の心音モニターの音を絞るなど配慮する。「本当に静かでしたね」。岩田さんもそう振り返る。

     なぜ次々と悲しい思いをしなければならないのか。次の子は産めるのかしら――。医師、看護師、助産師、相談員らはそれぞれの立場で不安に寄り添っ てくれた。自分の情報を、みんながよくわかってくれていた。

     
    様々な職種が情報を共有する「胎児カンファレンス」(神奈川県 立こども医療センターで)

     情報共有の場は、胎児に異常のある症例について治療方針を検討する「胎児カンファレンス」など、様々な職種が集まる週3回の会議。何かあれば、少 人数でもその都度情報交換する。

     このほか、一般の産後健診とは別に、死産や流産を経験した母親専用の「たんぽぽ外来」も月2回開設。年に3回は、体験者が語り合う「わたぼうしの 会」も開いている。

     こうした体制は、患者の声を取り入れながら、長い時間をかけてできあがった。母性病棟の主任看護師、佐藤裕季子さんは「悲しみに静かに寄り添い、 家族が気持ちよく過ごせる環境を提供したい」と語る。

     岩田さんは06年5月、妊娠6か月で破水して入院。安静にして2か月待つことにした。医師らスタッフが頻繁に病室を訪れ、不安な思いを聞き、元気 づけてくれた。そして7月、男児を無事出産した。

     「残された私たちが前を向いて生きていけるよう、そばで見守ってくれる。全国の医療者はぜひ、こんなケアを行ってほしい」と願っている。

    2010年5月12日 読売新聞)


    Posted by Kelly
    Category : 蓮ちゃん
    20:51 | comments(0) | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      20:51 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        コメントする








        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』