Kelly's Unpleasant Diary



2005年4月 綱町三井倶楽部で結婚式を行うまでの記録をメインに書いていましたが、
家のこと・愛犬マロンのことや日常の不満ぶちまけ毒吐き日記ということで…。
(結婚式関連のサイトは閉鎖しました)
綱町三井倶楽部での結婚式に関して微力ながらご相談にものります。詳細はこちらまで


Burrard Bridge(Vancouver)
Current image will usually refresh every 5 minutes (every minute or so for unusual events) from dawn to dusk. You may need to click browser's "Refresh" or "Reload" function.
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヒブワクチン予約が大変 | main | 早食い・立ち食い・早シャワー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
| - | - |
0
    帝王切開手術記録2
    手術の時間は手術室が空いたら…ということで時間がわからない状態。
    昨日から絶食なので点滴を朝から打つ。
    あ、その前にシャワーを浴びて手術用の服に着替えました。

    いちおう手術に備え、ホメオパシーのレメディも接種。
    レメディは砂糖の仁丹みたいな小粒なのでちょっと空腹が
    紛れる感じ。アーニカとか摂取しました(何を摂取したか後日加筆します)。

    暇なのでいろんな方にメールしたりブログを更新。
    3時に手術が決まって、ベッドに寝て手術室へ。
    前にも東大で手術してるからこの辺に関しては
    「あーはいはい、段取り分かってマース」とちょっと余裕(笑)。
    麻酔科の先生に説明をされて(前の手術の時は前日に麻酔科の
    医師の説明がありましたが今回は手術室に入る前でした)
    あーそっか、今回は局所麻酔で意識あるんだーと思って
    ちょっと不安に。今までの麻酔有りの手術5回は全て全身麻酔
    だったから局所麻酔ってどんな感じなんだろう…って。

    麻酔科の先生にはなんども冷たさを
    感じるか?と麻酔の効きを確認される。
    点滴を打ち直されて(元々血管が細いらしく点滴がいつも
    うまく打てないんですよね…)色々装置を付けられ、酸素マスクをし、
    顔の前に青緑の布?紙?をされ、ほとんど視界がない中で
    手術が進んでいる様子。
    麻酔をしているから切られてる痛さはないけど、なんか
    息苦しいような…とにかくしんどかったです。
    早く終わって欲しい、早く赤ちゃんを見たいとそればかり
    考えていました。とにかく耳からしか情報が得られないので
    すごく耳をそばだてて赤ちゃんの産声を待っていました。
    お腹の方は引っ張られるような違和感が確かにありました。
    で、思ったよりも時間がかかってやっと赤ちゃんの産声が!

    あー産まれたんだー良かったぁ。
    早く早く見たいよーまだ?まだ?と思っていました。

    そして助産師さんが赤ちゃんを連れてきてくれました。
    かろうじて右側の狭い視界から
    どんな顔なんだろう〜とワクワクしてみたら…

    あーーーーあたしだ!あたしの小型版だ…
    とちょっとガッカリ(笑)。
    おまけにあたしを見るなり、大きなあくびをして
    口元に手をやってました。

    いきなりあくびかい!
    もっと感動的な顔合わせになるかと思ったんですけどねぇ…
    泣くこともなく、声もかけられず、手を伸ばしてちょっと
    ほっぺをツンツンすることしか出来ませんでした。

    で、赤さんは連れて行かれ…あたしはお腹を多分縫われて
    いたんですが、だんだんお腹が痛くなってきました。
    多分、後陣痛だと思うんですが…
    手術室出る頃にはかなり痛くなり、痛み止めの点滴を
    打ってもらいました。で、朦朧としながら病室へ。

    ダ〜と母親が待っていてもう赤さんを見たと言ってました。
    その後はあまりちゃんと意識がないのですが、早くお乳を
    くわえさせたいとお願いしていたので、すぐに赤さんを
    連れてきていただき、助産師さんにマッサージをされて
    (これがかなり痛かった、もう色んな痛さがブレンドされ
    正直しんどかった)なんとお乳が出てきたことにビックリ。
    赤さんはもうお口ぱくぱくしていて生きることに貪欲なんだわーと
    感動するほど必死にお乳を探しくわえてくれました。

    その後は痛さと痛み止めのせいで朦朧としながら
    寝ました。

    つづく
    Posted by Kelly
    Category : 出産後
    19:56 | comments(3) | - |
    0
      スポンサーサイト
      Posted by スポンサードリンク
      Category : -
      19:56 | - | - |
      0
        コメントはこちらへおねがいします
        記憶が新しいうちに記録を残しておくと、後々お嬢様も読むことが出来でしょうから素敵ですね♪

        ママがどれだけ頑張って自分を産み出してくれたかということだけでなく、出産に至るまでのいち人間としてのママの気持ちも盛りだくさん。素敵なママをお持ちのお嬢様はお幸せだなぁ(^_^)

        今度AIH3度目に挑戦してきまーす。これリセットしたら体外考えまっす。自分の心と身体としっかり正面から向き合って、現在妊活中です♪
        2009/08/27(Thu) posted by こぶた
        臨場感たっぷりの体験記ドキドキしながら読みました。そうですよね、帝王切開は局所麻酔なのですよね。

        早く赤ちゃんを見たいっていう気持ちわかります。
        私も分娩室でそれ一心でした。

        赤さんとの初対面はあくびだったのですね^^
        取り上げられる直前までお腹の中でうとうとしていたのでしょうか。

        Kellyさん似の赤さん絶対かわいいと思いますよ!
        今度お会いするのが楽しみ。
        2009/08/28(Fri) posted by つまこ
        こぶたさん

        そうなんですよねー記憶があるうちにまとめておかないと。
        なんせ自分の記憶力が曖昧なもんで…
        色んな事をよく忘れてしまってるし。
        娘の役に立てば一番良いんですけどねー
        (でも娘は金持ちと結婚してもらって山王病院で
        無痛分娩で産んで欲しい(笑))

        3回目のAIHをひかえていらっしゃるのですね。
        体外は本当に大変なので是非是非今度は良い結果に
        なりますよう心からお祈りしています!!

        つまこさん

        お忙しい中わざわざコメントありがとうございます。
        授乳うまくいっていますか?
        あたしは飲めるようになりましたけどミルク足さないと
        まったくダメです。食欲旺盛なのは良いことなんですけど。

        いやーかちんかちんの人の顔しますから…(苦笑)。
        ザブングルの加藤っていうんですね?あの人。
        コンビ名もよく分からなくて…教えていただいちゃって
        ごめんなさい〜

        そうそう局所麻酔ってある意味こわいですねー
        ちょっとあれはもう二度とごめんかもーです。

        お互い落ち着いたらあたしもつまこさんのお姫様に
        是非是非会いたいです〜♪
        2009/08/28(Fri) posted by
        コメントする








        Categories
        Archive
        Search
        Advertisement



        Free Access Counter Templates

        マロンもお気に入り♪ 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』